風俗許可書を必要とする業種

風俗許可書を必要とする業種には以下のものがあげられる。
ソープランド、ファッションヘルス、ピンサロ、ホテルヘルス、
これらは性風俗として分類されているが、
それ以外にもキャバクラ、スナック、チャットやダンス教室なども
風俗許可書が必要である。
またデリバリーヘルスに関しては、
風俗許可書ではなく届出書として分類されており
正式な風俗許可書は発行されていない。
尚、ホテルヘルスの許可書を個人名義で取得している場合、
許可書を転売するすることはできず、
許可書の取得者が営業を辞めてしまえばそのホテルヘルスは閉店に追い込まれる。
実質的には法人化している会社のみがホテルヘルスを継続して営業することができる。