若い子が集まる雄琴のソープ

ソープといえば年配の泡姫嬢がマットで気持ちよく抜いてくれるイメージがあるが、
雄琴のソープには平均年齢がなんと二十歳前後の
女性たちばかりが在籍しているソープ店がある。
雄琴のソープ街といえばなかなかの田舎町である。
周りには温泉や旅館しかない。
なぜこのような場所に若い子が、それもイマドキの女性たちが集まるのだろうか。
その理由の一つにあげられるのが近年の不景気である。
景気の悪さに外食を控える人が多く飲み屋もガラガラ。
当然、飲み屋に客が入らなければ風俗に行く客も少ない。
いまや風俗で体を売っても稼げる時代ではないのだ。
だから稼ぐためにはソープだろうがなんだろうが、
職種を選んでいる状況ではない。
それに大阪から雄琴へは車で一時間あれば行けるのだ。
雄琴のソープで若い子が集まれば客も増える。
もちろん若い子にサービス技術を求めることはできないが、
それでも若い子と性交できればそれだけでもいいのである。